ツルマン・汁ダク不貞人妻!私もう旦那とはしたくないです!おまけに潮噴き&中出ししちゃいました【個人撮影】

GOOD
:0
閲覧数
:6,086
作品
:動画
販売日
:2017/07/02
販売者
:素人ハメ撮り氏デストロン3号
再生時間
:01:00:58

サンプル動画

サンプル画像

商品の紹介

清楚系ショートカット美人不貞妻のゆきなさんが初登場です!
ゆきなさんは現在、夫とはあまりうまくいっていなく
子供のために離婚をしないという
仮面夫婦状態だそうです!
そんなゆきなさん、そのおしとやかな外見とは相反して
ちょくちょく浮気をしちゃっているそうですよ~w
新婚早々から夫婦間が冷え切ってしまっていて
結婚以来5人と浮気したとそうですw
今の彼氏は年上のとてもエッチがうまい人で
彼氏のほうには彼女がいないとのことで
好きだと言われて気持ちがグラ付いているそうですw
シャワーの前に服を脱いでもらい
ブラジャーを取ると母乳で子供を育てたと言う割りに
ほとんど型崩れしていない小ぶりなおっぱいが露に!
そして妊娠線確認w大好物ですw
シャワーを浴びてもらった後インタビューを続け
旦那さんとは半年ぐらいエッチしていないそうで
たまに求められることがあるそうなんですが
ゆきなさんは拒否しているとのこと!
もう旦那と「はしたくない!」残念!
旦那さん奥さん放置しちゃぁ~ダメですよ!
彼氏との浮気はもっぱらホテルでだそうで
家を出て来るときは友人と飲み会だなんだいって
誤魔化しているそうですw
ちなみにゆきなさんは彼氏とエッチする
際は毎回3発やるそうですw
いやぁすごいですね~~w
こりゃ期待で股間が膨らんできますw
M字になってもらいおまんこをチェック!
天然ツルマン系の綺麗なおまんこです!
おまんこをよく見ると白い糸のようなものが…
排卵日だとちょっとまずいかなあと思い
ゆきなさんに聞いてみると整理前とのこと!
よかった~w
ゆきなさんはムラムラするときは
一人エッチもするそうです!
じゃあここでやってみてとお願いすると
とてもゆきなさん恥ずかしがります
でも3号はもちろん容赦しませんw
超小型ローターを渡しオナニーしてもらいます!
ゆきなさん恥ずかしがってなかなか集中できませんw
しょうがないのでおっぱいを舐めてサポートしますw
そして、首筋をキスしながらおっぱいをまさぐると
ゆきなさんは少し感じて来たようです!
ローターオナニーはは程ほどにしてまんこ責めに移ります
おまんこを筋に沿ってさするとすぐに濡れてきて
ビチョビチョと音を立てます!
指をおまんこのなかに突っ込み手マンを始めると
すぐにゆきなさんは潮を噴き~♪ブシャー!
ゆきなさんは感度いいですよ~w
続いてフェラに突入~
ゆきなさんは愛おしそうにていねに舐めてくれます
う~なかなかのフェラテク
さすがは不貞妻w
しばらく舐めているうちに
硬直したチンコをゆきなさんは欲しくなった様子w
バックが好きと言うゆきなさんに後ろから突きぃ~w
挿入するとゆきなさんの中はぐちょぐちょ!
相当欲しかったみたいです
いやらしいですね~w
出し入れを繰り返す度にネチョネチョと粘着音がし
奥まで突っ込むと子宮にチンコが当たるのがわかります!
3号「彼氏との比べてどう?」
ゆきなさん「ああ……☆▲■※~」
と、ゆきなさんは言葉を濁します
3号「ちゃんと言いなさい!」
出し入れを早め力強く突きます!
3号「どっちが気持ちいい?」
ゆきなさん「ぁぁん…こっちが気持ちいい…」
やりましたっ! やりましたよ~!!w
ゆきなさんの彼氏は後ろから強くは突かないそうで
それが気持ちいいとのことですw
正直だったご褒美にもっと突いてあげちゃいますw
パンパンとしばらく突き続けるとゆきなさんはぐったりw
とても気持ちいいみたいw
さらに畳み掛けるように横ハメで責めます!
さっきのミニローターをクリに当てさせ横から突くと
こーゆーのは初めてだったのかゆきなさん悶絶w
3号「このおちんちんどうですか?」
ゆきなさん「気持ちいい…」
どうやらゆきなさんは激しく突かれるのが好きな様子
今の彼氏はあまり激しいエッチはしないそうなので
その点で3号が勝っているようですw
次は騎乗位~★
ゆきなさんが乗るやいなやいやらしい汁が噴出!
3号の玉の方まで垂れて来ますw
下から激しく突いてあげると再び悶絶w
ゆきなさんはもう限界かなぁ~?
てか、そろそろこっちも限界ですw
正常位になって激しく突きます!
そして、ガッツリ中出し!
いっぱい出ましたw
3号「奥さんどうでしたか?」
ゆきなさん「…気持ちよかった☆」
旦那さんと彼氏よりも気持ちよかったと言う
ゆきなさんは最後は大満足の
M字ダブルピースで締めてくれましたよ~

商品タグ

販売者フォロー

販売者へ問い合わせ

アフィリエイト

商品レビュー

販売者の関連作品